2.2.3 契約中のサービスとその運用状況をみる

サービス運用状況は、サービス運用状況画面で確認できます(図 2-18)。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-04-07-19-34-26

図2-18. サービス運用状況画面

 

アラームの発生している契約がある場合のみこのバーが赤くなりサービス名、契約番号、拠点名等が表示されます。複数のアラームがある場合には、同じ場所に数秒おきに自動で切り替わり表示されます。このバーの右側に表示されているのがアラームの件数です。表示されているアラームをクリックするとアラームの詳細が表示されます(図 2-19)。

図 2-19. サービス運用状況詳細覧画面(アラーム)

 

右側管理メニューのサービス運用状況をクリックすると、契約中のすべてのサービス運用状況が一覧で確認できます(図 2-20)。一覧左側の運用状況欄に表示される状況の内容は、下記の通りです。

正常 ⇒ 監視をしており異常が無い状態
異常 ⇒ 監視をしており何らかの異常がみられる状態
対象外 ⇒ 表示対象外(監視をしていない又は監視状況を表示していない)
注意 ⇒ 一部機能に異常がみられる状態
不明 ⇒ 監視装置等の故障で監視が出来ていない状態

図 2-20. サービス運用状況一覧画面

 

なおこの画面においては、各契約単位にメモが記述できます。メモ欄の右側にある編集をクリックするとメモ欄が開き、保存をクリックすると保存されます。全半角合わせて38文字まで記述可能です。

サービス運用状況一覧の対象行をクリックすると各契約の詳細が表示されます。(図 2-21)

 

図 2-21. サービス運用状況詳細画面

 

またサービス運用状況詳細情報上部にあるタブを切り替えることにより、更に詳細な情報が表示されたり、CSV にて情報を一括ダウンロードができたりします。表示される項目は、サービス毎に異なります。詳細は、巻末にある別紙を参照してください。